リヴァリエC棟買いました。

マイホームでの暮らしを綴っています。生活の便利さを追い求めています。

クレジットカードの支払いを一つにまとめる

クレジットカードの枚数はできるだけ減らしたいのだれども、現状は、

Suicaの支払い用、家電量販店用、定期購入用、ネットショッピング用』

とか、色々なカードを使っている。

今回、重い腰を上げて、カードの支払いをまとめる努力をしてみました。

◆クレジットカードの還元率について

 

当たり前の計算だけど、ポイント還元率が0.5%なのか、1%なのかで大きく違ってくる。

月々1万円しかクレジットカードを使っていない場合、年間でも600円のポイント差しか生じません。

だがしかし、今時はどこでもクレジットカードが使えるので、月々10万使う人なら、6000円のポイント差が生じてしまいます。

日常の買い物や保険料の支払い、携帯料金の支払い、公共料金の支払い等、全てをクレジットカードで支払おうとすると、それなりの金額になります。

◆還元率の良いクレジットカードを選ぶ

 

ポイントが付いても使い勝手が悪かったりするので、どのカードがベストかは人によって変わると思いますが、身近なカードとして、楽天カードを選びました。

楽天カードって誰でも持てるカードのようなイメージがあり、パンダのデザインが可愛くて、ちょっと使いたくないな。と言う人も居るかも知れませんが、ポイント還元率が1%と言う事で、このカードにしました。

今までメインで使っていた大手のクレジットカードのポイント還元率は0.5%だったので、1%というのは還元率としては結構高い方らしいです。

◆ポイントの使い方

楽天カードなので楽天市場で使うのが一番良いですが、毎月ネットショッピングするのも大変だよ。と言う人はEdyに変換するのが良いと思います。

最近はEdyで支払いできるお店も増えているし、スーパーとか、ドラッグストアでも使えたりするので、ポイントを有効利用できると思います。

◆まとめ

今回、クレジットカードの支払いを楽天カードにまとめてみました。

保険料の支払いとか、携帯料金の支払いとか、一つ一つ変更申請をしないといけなかったので、それなりに面倒でした。

どうしてもまとめきれないものもあって、Suicaへのオートチャージは対応しているクレジットカードじゃないとダメだし、イトーヨーカドーの支払いはセブンカードだったりと全部まとめるまでには至りませんでした。

『ここの支払いはこっちの方が還元率良いからね!』

とか思ってしまうけど、あまり細かい事を気にせず、ある程度還元率の良いカードで支払いをまとめてしまった方が、管理もし易く、総合的にはおトクかも知れません。

とりあえず、楽天カードをおすすめしておきます。

↓↓↓

 

電動歯ブラシを買い替える

数年前、虫歯を放置していたあの日。

痛みを我慢できず、歯医者に行き、そこから数か月、ホント酷い目にあいました。

まあ、自分が悪いのですが。

もうあんな酷い目にあわないようにと、歯ブラシを電動歯ブラシに変え、真面目に歯磨きするようになりました。

電動歯ブラシ、当時はどれが良いのかよく分からず、

電動歯ブラシと言ったら、フィリップスだろ!ある程度高い方が機能が良いだろ!』

と思い、このぐらいの電動歯ブラシを買った記憶があります。

歯は命なので。

フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション 電動歯ブラシ 2本パック ホワイト&ブラック HX9334/42

新品価格
¥25,654から
(2018/9/1 23:10時点)

電動歯ブラシ壊れる、そして、新しい電動歯ブラシを探す

先日、勢いよく電動歯ブラシを落としまして、見事に壊れました。

軸がずれたのか、絶妙に振動が弱くなりました。

というわけで、新しい電動歯ブラシを購入すべく、色々調べてみました。

★フィリップスのHX6521/01が人気!

 

電動歯ブラシはフィリップス、ブラウン、パナソニックオムロン等のメーカーが出しています。

やっぱり人気はフィリップスのようで、そんなフィリップスの中でも比較的値段の安いこの機種が人気のようです。

フィリップス ソニッケアー イージークリーン 電動歯ブラシ ホワイト HX6521/01

新品価格
¥4,927から
(2018/9/1 23:16時点)

モードが1種類だけど、5000円前後で購入可能。

初めて電動歯ブラシを使う人とか、モードをあまり切り替えない人向けです。

今まで使っていたものは色々なモードがあったのですが、実際、強弱ぐらいしか調整していなかったので、実使用としてはこの機種で十分だと感じました。

◆嫁の意見に左右される、その①

 

最近、嫁も電動歯ブラシを使い始めまして、

『上の機種で良いよね?』

と聞いてみたら、

『色々なモードを使いたい!』

と言う嫁。

嫁の意見も尊重して探し出したのがこれ。

フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン 電動歯ブラシ ブラック HX9302/51

新品価格
¥16,080から
(2018/9/1 23:30時点)

ちょっと高いけど、色んなモードが使えます。

いわゆる、中級機。

◆嫁の意見に左右される、その②

 

上の機種にほぼ決まりかけていたけど、

『もっと小さい電動歯ブラシが良い!』

と言い出して、最終的に決まったのがこれ。

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 青 EW-DM61-A

新品価格
¥5,782から
(2018/9/1 23:39時点)

パナソニックのEW-DM61。

店舗で見てきたのだけど、細目の電動歯ブラシって比較的少なくて、その中の一つがこれ。

今さらだけど、電動歯ブラシの選び方として、値段、機能面、サイズ、駆動時間、替えブラシのコスト等があって、あんまりサイズって意識していなかったのだけど、女性目線だと軽くて持ち易いモノが好まれるのかも知れません。

◆まとめ

電動歯ブラシを買い替えました。 個人的にはフィリップスのHX6521/01という機種が安くて良いなと思いました。

電動歯ブラシを使ったことが無い人はこういう機種からスタートしてみるのが値段的にも良いと思います。

フィリップス ソニッケアー イージークリーン 電動歯ブラシ ホワイト HX6521/01

新品価格
¥4,927から
(2018/9/1 23:16時点)

定期預金始めました

お金を増やす方法は色々あって、世の中的には、

『株や投資信託が運用していこう!』

となっているけど、そういうものは変動リスクがあり、もっと安全に運用したいという人も多いと思う。

一番手堅い運用方法として、定期預金があり、昔は定期預金の金利が3%という時代もあったけど、今は0.01%とかになっている。

0.01%というのは、100万貯金しても100円しか利子がつかないという事を意味している。

とは言え貯金は元本保証されるし、定期預金の中でも上手くやっていく方法を調べてみた。

◆定期預金する意味はあるのか?

上で紹介したように、100円しか利子がつかないなら、止めた方が良い。

『100円でもプラスになった方がいいじゃん?』

って思うけど、定期預金のデメリットはすぐに引き出せなくなる。という点なので、100円のためにリスクを負う必要はないと思う。

また、金利の高い銀行に移そうとした時に振込手数料とかがかかってしまった場合に、100円ではマイナスになってしまう。

このマイナスを覆せるぐらいの利子が得られるのかを次に考えてみた。

 ★利子はどの位もらえるのか?

例えば、金利0.1%なら、

  • 100万で1000円
  • 500万で5000円
  • 1000万で1万円

になる。

1年で1000円。この金額をどう思うか?だと思いますが、例えば、10年ぐらい100万円を寝かせておく余裕があるなら、利子が1万円付くことになる。

逆に、1000万を貯金できる余裕があれば、1年で1万の利子を得る事ができる。

個人的には、100万ぐらいを貯金できれば、定期預金をしている意味があるのかな?という感じ。 

 金利が高い銀行を探す

お金を増やそうと思うなら、大手銀行に貯金するのはダメで、金利の高いネット銀行を選ぶべきです。

ネット銀行は店舗がなく、お金をおろすのはコンビニATM、インターネット経由で振込になるので、ここら辺の不便さをクリアしていく必要があります。

ちなみに、こう言うサイトに金利ランキングが載っています。

定期預金の金利の比較 2018年夏のランキング1位

キャンペーン金利みたいなのが多くて、新規に口座を作る人は優遇される場合が多いようです。

携帯と一緒で銀行ってあんまり変えないから、新規の人は優遇されるのだと思います。

 ◆金利が高い銀行を渡り歩く作戦

前置きはここまで。

ネットで調べた技をそのまま使うだけですが、

『短期で金利の高い銀行を渡り歩く作戦。』

渡り歩く手間はかかるけど、期間が短い方が何かと安心という戦略。

 

第一弾は『じぶん銀行』、金利0.5%@3ヶ月(7月までのキャンペーンで残念ながら今は終わってしまいました)。

年利で考えると、0.5÷3/12×0.8(税金)=0.1%

になる。

つまり、3か月後、100万なら1000円、500万なら5000円、1000万なら1万円の利子が得られる。

昔の人からすると、たかが0.1%なのかも知れませんが、今の時代、三カ月でこの金額って、まあまあなのではないでしょうか?

 

第二弾は三カ月後だけど、その時、金利の高い銀行を探そうと思う。

そして、お金の移動が面倒になってきたら一年定期、二年定期とかを使っていく予定。

 

◆まとめ

 

定期預金について調べてみました。

今は低金利時代なので、定期預金の旨味はあまりありませんが、何もやらないよりはマシなので、今回、定期預金を組んでみました。

 

やってみて思ったのは、銀行口座の開設だったり、お金の移動がそれなりに手間です。

お金の移動って、口座番号とか間違えてないか気を使うし。

資産運用を本気で考えるなら、保険の見直しついでにファイナルプランナーとかに聞いてみた方が良いのかも知れません。

 ↓↓↓