リヴァリエC棟買いました。

マイホームでの暮らしを綴っています。生活の便利さを追い求めています。

ティッシュペーパーをまとめ買いしてみる

ティッシュペーパーをまとめ買いした。

まとめ買いする理由は安いからとか、買いに行くのが面倒だからとかの理由があるが、今回は後者。

ティッシュペーパーの年間消費量

 

ティッシュペーパーの年間消費量は一人当たり14.3箱らしい。

あくまでも平均なので、人によってばらつきは大きいようですが。

4人家族なら1年間で約60箱使用する計算になる。

ここら辺をターゲットにしているのか分からないが、こんな商品がAmazonで売られています。

【ケース販売】 ネピア ネピネピメイト ティシュ 150組(300枚)×60個

新品価格
¥2,260から
(2018/2/19 20:32時点)

『60箱=5箱×12セット』

要するに、4人家族の一年分のティッシュペーパーです。

普通にお店に売っている5箱セットが12個送られてくるので、相当な量です。

◆どうせ使うのだから、一気に買ってしまえばいいんじゃないか理論

 

4人家族だと月1回、ティッシュペーパー(5箱)を購入する必要があります。

この際、1年分を一気に買ってしまえば買いに行く手間が省けるのではないだろうか。

ここら辺は価値観の問題ですが、ティッシュペーパーって腐るわけじゃないし、それなりに使うものだからまとめ買いには最適なのではないかと思います。

◆まとめ買い時の価格分析

 

まとめ買いなので、『買いに行く手間が省ける』と言うのが一番のメリットですが、やっぱり価格も気になります。
上記の商品はAmazonプライム会員にならないと安く購入できないですが、Amazonプライム会員だと、1箱当たり45円、5箱で225円になります。

ドラッグストアだと200円前後なので、Amazonで12箱まとめ買いしても1割程度高いと言えます。

Amzonの定期お得便を使うと、10%割引きが適用されるので、1箱当たり45円、5箱で205円になるので、ドラッグストアで購入するのと同じぐらいの価格水準になります。

定期お得便の設定は最大6か月 ですが、購入後に定期便を解除する事もできるので、忘れずに解除しておけばいつでも10%引きを適用できます。

◆まとめ

まとめ買いって、何だかんだで使わなくなったりして失敗する事も多いのですが、今回は消耗品のティッシュペーパーをまとめ買いしてみました。

消耗品なので失敗する可能性も低く、配送してくれるので便利です。

ただ、今回の場合、60箱のまとめ買いなので、これをしまっておくスペースは必要になります。

 

マンション購入者はスーモのアンケートに答えると商品券がもらえるみたいです。

↓↓↓