リヴァリエC棟買いました。

マイホームでの暮らしを綴っています。生活の便利さを追い求めています。

縦型洗濯機をドラム式洗濯機に買い替えた

少し前に、洗濯機を買い替えたのでその時の話。

食洗機、お掃除ロボット、洗濯乾燥機が現代の三種の神器と言われています。

今回は洗濯乾燥機の話で、乾燥機って不必要だと思う人も多いけど、使ってみるとかなり便利でした。

 

 

◆ドラム式のメリット、デメリットについて

端的に言うと、ドラム式は電気代や水道代がエコ。

洗濯乾燥したときにシワがつきにくいと言うのがメリット。

ただし、洗浄力は縦型に劣る。そして、縦型よりも高いというのがデメリット。

 

■ドラム式はどのぐらいエコなのか?

ざっくり、縦型からドラム式にすると、水道代は1回当たり10円お得らしい。

毎日洗濯するなら、3650円/年お得。

ドラム式の耐用年数を調べると、洗濯回数3000回前後。この期間毎日洗濯すると、

3000回/365日=8.2年

で壊れる計算になります。つまり、壊れるまで使うと考えると、

3650円×8.2年=約3万

お得になります。

2日に1回しか洗濯しない人は1.5万お得。

洗濯物は一人当たり1.5kg/日らしいので、家族が2,3人なら2~3日に1回。4人家族だと毎日、洗濯するというイメージです。

なんとなく、水道代はちょっとお得程度のイメージでしょうか。


次に電気代。

洗濯だけなら縦型とドラム式の電気代は変わらないらしい。

洗濯乾燥までやると、電気代が1万/年でお得になるらしいです。

水道代と同じ計算をすると、

1万×8.2年=8.2万お得。

これも2日に1回しか洗濯しない人の場合、4.1万お得。

 

■結局お得なのか?

洗濯の頻度に依存しますが、毎日洗濯乾燥するような人なら、ドラム式はそれなりにお得。

上の計算だと10万以上お得になるので、ドラム式を導入してもよいのではないでしょうか。

それ以外の人は水道、電気代はそこまでお得になりません。洗濯乾燥機能が不要なら、縦型で十分だと思います。

■洗浄力の違いについて

ドラム式は洗浄力が弱いという話を聞き、調べてみました。

一昔前はドラム式の洗浄力はイマイチだったようですが、今はそれなりに改善されているようです。

調べた限り、普通の洗濯物を扱う場合は大差ないようです。

 

ドラム式洗濯機を選ぶ

ここからが本題。

ドラム式洗濯機を選ぶにあたり、色々調べた結果を書いておきます。

■洗濯容量、乾燥容量

今回は洗濯~乾燥までやる事を考えているので、洗濯容量、乾燥容量共にできるだけ大きい機種を探しました。

洗濯容量/乾燥容量が10kg/6kg前後のものに行き着いたのですが、乾燥容量6kgっていうと、

1.5kg/日×4人=6kg

なので、4人家族の一日の洗濯量を想定しているのかな?と思います。

夫婦だけなら、2日に1回洗濯乾燥機をかければOKになります。

■サイズについて

これが結構重要で、今どきのマンションはある程度のサイズの洗濯機が入るように設計されていると思ってたのですが、そういうわけでもないようです。

洗濯置場に入らない機種も結構あります。

当たり前ですが、洗濯機を選ぶ時は、縦×横×奥行を最初に測定してからお店に行った方がいいです。

◆どのメーカーがいいのか?

パナ、日立、シャープ、東芝、三菱ぐらいがメジャーですね。

ヤマダの店員に、

『どのメーカーがいいですか?』

と聞いたら、

『各社特徴があります!パナソニックは泡洗浄で・・・』

と説明されましたが、よくわかりませんでした。。。

ネットで調べたら、

総合力のパナ。

大容量の日立。

バランス型の東芝

と言ったところのようです。ほかのメーカーは不明。

 

調べた中でおススメな機種を紹介しておきます。

9月~10月というのは新しいモデルが出る時期なので、旧モデルの価格は安くなりつつ、在庫を減らしつつという微妙な時期のようです。

 

まず、日立。

容量もそれなりに大きく、価格もそれなりに安いです。

この記事を書いたときはkakaku.comで一番でした。

HITACHI(日立) 【左開き】洗濯乾燥機 洗濯容量11kg 乾燥容量6kg 4549873000657 ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム スリム BD-SV110AL(N) [シャンパン]

価格:149,040円
(2017/9/18 14:07時点)
感想(0件)

次に東芝

数か月前まではkakaku.comで一番だったようです。

その時は値段がもう少し安かったので、在庫処分の時期を通り過ぎて、少し価格が上昇しているのだと思います。

乾燥7kgはいいですね。

ただし、奥行きが他社よりも大きいです。

【送料無料】東芝 TW-117X5L-W グランホワイト [ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯11.0kg/乾燥7.0kg) 左開き]

価格:193,600円
(2017/9/18 14:09時点)
感想(0件)

最後にパナソニック

これも人気機種のようです。

NA-VX8700L-W パナソニック ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯11.0kg/乾燥6.0kg)クリスタルホワイト 【楽天あんしん延長保証 加入可能商品】【KK9N0D18P】送料サイズLL

価格:194,400円
(2017/9/18 16:37時点)
感想(0件)

 

◆使ってみた感想

最近の機種は色々な設定ができますが、逆に面倒でした。

とりあえず、説明書を読んでいつも使うモードの設定だけやりました。

良かったのはやはり乾燥機能で、縦型のような生乾きにはならず、ちゃんと乾燥されていました。

とりあえず、雨の時や忙しい時は洗濯乾燥を使い、普段は普通に外に干すというのがよさそうです。

 

 

マンション購入者はスーモのアンケートに答えると商品券がもらえるみたいです。

↓↓↓