リヴァリエC棟買いました。

2015/8にリヴァリエC棟@マンション購入しました。入居は2017/3でまだ先なので、入居までの日々を綴っていこうかと思います。

Amazonフレッシュを使ってみた

Amazonフレッシュなるサービスを使ってみたので、感想を書いておく。


Amazonフレッシュって何?

 

Amazonが最短4時間で生鮮食品を届けてくれるサービス。

いわゆる、ネットスーパーと同じものです。

運送業者が配送するわけではなく、Amazon独自で配送するらしいです。

(もちろん、Amazonが委託した配送業者が配送してるのだろうけど)


◆ネットスーパーと何が違うのか?

 

色々調べてみましたが、サービスとしてはイトーヨーカドーとかのネットスーパーとほぼ同じ。

でも、細かいサービスを変える事で差別化をしようとしてるのかな?と感じます。

以下に調べた内容を書いておきます。


Amazonフレッシュのメリット、デメリット

 

〇品物の数が圧倒的に多い。

 

使ってみた感じではイトーヨーカドーのネットスーパーよりも圧倒的に品数が多かった。

配送料を無料にするには6000円以上の購入が必要で、そういう事を考えると選択の幅が広い方が使いやすい。


〇配送時間の選択肢が多い

配送時間は8:00~24:00で、2時間刻み。

2時間毎にしか時間指定できないのだが、他のネットスーパーと圧倒的に違うのは朝と深夜の時間帯が長い事。

これなら出勤が遅い人は朝受け取れるし、帰宅が遅い人は夜受け取れる。

これは使う人にとってはかなり便利だと思う。


〇商品の値段はそこまで高くない

 

主観ですが、商品の値段は他のネットスーパーと同等。

都会の高いスーパーよりは安い、安売りしてるスーパーよりは高いというイメージです。

配送してもらう事を考えると、妥当な値段なのかと思います。


×会費がかかる

 

イトーヨーカドーのネットスーパーは会費0円なのに対して、Amazonは会費がかかります。

まず、AmazonフレッシュはAmazon Prime(アマゾンプライム)」会員向けのサービスなのです。

プライム会員は年間3900円。

この時点でプライム会員でない人がAmazonフレッシュを使うのは敷居が高すぎます。

そして、Amazon Prime会員の人がAmazonフレッシュを使う場合でも月額500円の会費がかかります。

つまり、Amazonフレッシュだけを使うと考えると、月800円ぐらいの会費がかかります。


Amazonフレッシュは誰が使う?

 

個人的に、Amazonフレッシュはかなり敷居が高いと思いますが、それでも使えるパターンを考えてみました。

我が家がは動画サービスを使うためにプライム会員になってますが、そういう目的があるなら、プライム会員になってみるのも良いと思います。

そんなプライム会員になってる人は、試しにAmazonフレッシュを使ってみるのも面白いと思います。

最初の30日間は会費500円が無料です。

そして、2017/7/19までは初回サービスとして2000円割引らしい。

つまり、6000円のものを4000円で購入できます。

ざっくり3割引き。

多少商品が高かったとしても、十分お安いです。

とりあえず、プライム会員なら初回だけでも使ってみるのが良いと思います。


◆まとめ

 

便利さだけを追及するなら、Amazonフレッシュはかなり便利だと思います。

商品数が多いのと、配送時間帯が広いのがとにかく便利だと思います。

すでにプライム会員の人なら、使ってみるのもいいと思います。

Amazonフレッシュ

 

マンション購入者はスーモのアンケートに答えると商品券がもらえるみたいです。

↓↓↓