リヴァリエC棟買いました。

マイホームでの暮らしを綴っています。生活の便利さを追い求めています。

電球の選び方

今まで電球を買う機会がほとんどありませんでした。

賃貸の時もすでに備え付けられてたし、新築でマンションを購入した際にも最初から付いてました。

今回、部屋の照明をこんなタイプのオシャレ照明に変えることを検討していて、電球の選び方について調べてみました。

4灯シーリングスポットライト・クロームメタルフレーム・2環ウッドシェード 【シェードカラー:ブラウン】

新品価格
¥9,180から
(2017/6/19 23:22時点)

LED対応 機能美 シーリングライトファン 「ブライト」 リモコン付き 広さ12畳対応 切替照明ブラウン色

新品価格
¥11,900から
(2017/6/19 23:23時点)

 

◆普通の電球とLED電球のどちらが得か?

 調べた限りはLED電球のほうが総合的にお得。

導入コストはLED電球のほうが高いですが、電球型蛍光灯寿命が1.3万時間程度に対して、LEDの寿命は4~6万時間程度で3倍以上長持ちするので、交換の手間が減る。

また、電気代もLED電球のほうが若干安くなるので、総じて、エコ。

 

だがしかし、玄関の電球のようなたまにしか付けない電球に限れば、ノーマル電球でも良いのかな?と思います。

理由は価格。 

ノーマル電球もLED電球も価格はピンキリですが、例えば、ノーマル電球は2個で150円です。圧倒的安さ。

シリカ電球LW100V57W55/2P LW100V57W55/2P

新品価格
¥153から
(2017/6/22 22:14時点)

それに対して、LED電球は2個1200円。

ざっくり8倍程度の差があります。

STYLED LED電球 E26口金 2個パック(昼光色相当・電球60W相当)一般電球 広配光タイプ 9.8W 850lm LLDA9D2

新品価格
¥1,188から
(2017/6/22 22:22時点)

流行りを考えるとLED電球ですが、値段だけで考えるならノーマル電球もありだと思います。とくに、たまにしか付けない場所は。

◆何ワットか調べる

ノーマル電球でも、LED電球でも考え方は同じですが、 照明によって何Wのものを使わなければいけないかが決まってます。 

上の照明だと、『60Wのものを使ってください』という説明が書いてありました。

決まってるワットよりも大きいものはNGですが、小さいものはOKです。

ただし、消費する電力が減ると、その分、暗くなります。

 

◆口金サイズを調べる

口金サイズというのは、電球の挿し口のサイズです。

E26口金とか、E17口金とかがあります。

これを間違えると刺さりません。

 

◆電球のサイズを調べる

ここでいうサイズというのは、形みたいなものです。

思いの外、色んな形があります。

 これは普通のタイプ。

アイリスオーヤマ LED電球 E26口金 60W形相当 電球色 広配光タイプ 密閉形器具対応 LDA8L-G-6T2

新品価格
¥740から
(2017/6/22 22:33時点)

これは丸いタイプ。

東芝 LED電球 E26口金 60W形相当 電球色 LDG9L-H/60W

新品価格
¥1,240から
(2017/6/22 22:34時点)

これはレフ電球というキノコのようなタイプ。

広配光 密閉器具対応 レフランプタイプ LED電球 E26/6W 電球色 LDR6L-H A9

新品価格
¥1,040から
(2017/6/22 22:35時点)

電球を挿すところが天井に埋め込まれていると、電球の形によってはささらない事があるので、注意が必要です。

 買い替える場合がいままで使っていた形と同じものを購入するのが良いと思います。

 

◆光の色を選ぶ

 

特にLED電球を選ぶ時ですが、白い色を選びたい場合は、『昼白色』とか、『昼光色』というものを選びます。

ノーマル電球のような温かみのある色を選びたい場合は、『電球色』というものを選びます。

色は好みの問題なので、自分の好みで選べばよいと思います。

 

というわけで、電球を選ぶ時の最低限の知識を紹介しました。

 

マンション購入者はスーモのアンケートに答えると商品券がもらえるみたいです。

↓↓↓