読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リヴァリエC棟買いました。

2015/8にリヴァリエC棟@マンション購入しました。入居は2017/3でまだ先なので、入居までの日々を綴っていこうかと思います。

お掃除ロボを使ってみた②

とくに新しい話題もないので、お掃除ロボの感想続き。 

ちなみに購入したのはこのロボ。

東芝 ロボット掃除機 (グランホワイト)TOSHIBA TORNEO ROBO(トルネオ ロボ) VC-RVS2-W

新品価格
¥78,813から
(2016/7/1 07:27時点)

.

 

購入した決め手はゴミステーションでゴミを吸ってくれるところ。

ダストステーションが無いタイプはゴミを自分自身に溜めこむ形になるので、容量が小さく、ゴミ捨ての回数が増えるらしい。

使っててもこの機能は便利だと思う。

これ以外の機能は比較した事がないので分からないが、使ってて感じる事は、

『段差とかに引っかからずにスムーズに掃除できるか?』

『ちゃんとダストステーションに戻れるか?』

そして、個人的には、

『スピーディーに掃除できるか?』

ぐらいだと思う。

スピードは本来関係ないんだけど、気持ち的な問題です。

そんな広い家じゃなければ、充電時間とか、電池の容量とかはあまり気にならないと思う。

ここら辺は人によるのだと思う。


お掃除ロボを使って一月ほど経つが、お掃除ロボの心得的なものが分かってきた。

やっぱり一番美しいというか、スタンダードで賢い使い方は、

お掃除ロボが掃除し易い環境を作る。

そして、出掛けてる最中に掃除させる。

って事だと思う。

 

現実はそこまで上手く使いこなせてなくて、そこまでキレイな状態に部屋を保てないので、

お掃除ロボの為に部屋を片付ける⇒

お掃除ロボを動かす⇒

変な所に止まったりしないかチェックする。

という、イマイチな使い方に落ち着いている。


イマイチな使い方だが、

『片手間で違う作業しながら掃除できる』

『一応、勝手に掃除してくれる』

ってのがプラス面です。

 

というわけで、今の部屋ではそこまでの環境を作り出せてはいないが、マイホームに移り住んだら、

『お掃除ロボが掃除し易い環境』

ってのを作る努力をしてみようと思う。

お掃除ロボが掃除し易い部屋って事は、余計なモノがなく、シンプルな部屋だと思うので。

 

ちなみに、部屋をキレイに保てないとか、モノを床に置いてしまう人はお掃除ロボはあまり向いてないと思う。

あと、自分でやった方が早いじゃん!って人も向いてない。

お掃除ロボは完璧じゃないので、そういうのを分かって使える人じゃないとダメですね。