リヴァリエC棟買いました。

2015/8にリヴァリエC棟@マンション購入しました。入居は2017/3でまだ先なので、入居までの日々を綴っていこうかと思います。

お掃除ロボを買いました。

マンションとは関係ないが、家具、家電の話。

『マイホーム購入したらリビングが広くなるから、お掃除ロボとか欲しいじゃん?』

という理由でお掃除ロボをずっと探していた。

『掃除なんて掃除機かければ良いだけだから、お掃除ロボなんて無駄でしょ?』

って考え方もあるが、家事の負担が減るというのは悪い事じゃないので買う事にした。

『そもそも、お掃除ロボって効果あるの?』

という疑問が自分にもあったが、色々調べたり持ってる人に聞いてみたところ、ホコリとかはそれなりに取れるみたい。

そして、お掃除ロボを買った人の満足度は結構高いようだ。


色々調べてみると、価格もそうだが、メーカーによって性能や機能がそれなりに違うのが分かった。

最初に行き着いたのがこれ↓

半年前ぐらいまではこれを買おうと思っていた。

 

iROBOT ロボットクリーナー ルンバ980 ダスク R980060

新品価格
¥116,800から
(2016/7/1 07:43時点)

 

お掃除ロボと言ったらiRobotらしい。

世界で一番売れてるメーカーで、何だかんだで総合力は一番のようだ。

これを選んでおけば間違いはないって事だ。

お掃除ロボってセンサーで部屋を認識して動いていくのだが、そのセンサーの性能が高いようで、他社よりもゴミが取れるらしい。

部屋の形状とか機種にも依存するだろうが、数社のお掃除ロボを実際に動かして比較した人がいて、ゴミを取るという基本性能はiRobotが一番らしい。

ロボが勝手に動いて掃除するので、ダイソンのように吸引力が高ければゴミも沢山吸い取れるってわけでもないようだ。

そういう意味だと、iRobot選ぶのはベターな選択だと思う。


上の機種が現時点の最上位機種なので、これを買おう!と思ってたんだが、次に行き着いたのはこれ。

同じくiRobotでブラーバという機種だ。

これはホコリを吸いとるのではなく、拭き掃除をするロボット。

『ホコリは吸い取った方がいいと思うが、フローリングなのでクイックルワイパ―と同じ原理で拭き掃除でもいいんじゃないか?』

と考えた。

こいつの良いところはまず安いって事。そして、拭き掃除の方がキレイになるような気がした。

 

iRobot ブラーバ380j

新品価格
¥36,500から
(2016/7/1 07:57時点)

 

だがしかし、拭き掃除だけでは部屋の掃除として心許ないというのが使ってる人の感想のようだ。

やっぱり、ホコリが取りきれないみたいで、普通のお掃除ロボと併用して使ってる人もいるみたい。

さすがに最初から2台買うというのはリスキーなので、ブラーバは却下。

お掃除ロボに慣れてきて、拭き掃除も欲しいな。って思った時に再度検討しようと思う。


そして、色々検討した結果、ちょっとマイナーな選択に行き着いた。

東芝トルネオロボ。 

 

東芝 ロボット掃除機 (グランホワイト)TOSHIBA TORNEO ROBO(トルネオ ロボ) VC-RVS2-W

新品価格
¥78,813から
(2016/7/1 07:27時点)

 

調べた限りのメリット、デメリットを書いておく。

一番の決め手はベースステーションにゴミを貯めてくれる点。

掃除し終わったらゴミをベースステーションに移してくれるので、ゴミ捨ての回数が減りそう。

お掃除ロボを導入する目的は家事を楽にすることなので、掃除だけじゃなくて、ゴミ捨ての回数も減りそうなこの機種を選んだ。

あまり売れてないのか、レビューが少なかったのでどのぐらいの性能なのかは定かでないが、掃除機能は普通っぽい。

ベースステーションに上手く戻ってこれない事が多いように書かれてたが、これは帰り易いように工夫してやる事で対策できるっぽい。

『お掃除ロボ使うのにそこまで気を使わなきゃいけないのか?』

って思う人もいるかも知れないが、まあ機械のやる事なのでそういう工夫をして使えればOKだと思っている。

あと、国産なので何だかんだ言ってもそれなりに悪くはないようです。


というわけで、amazonで購入してみたので近日中に届くと思われます。

使ってみたらまた感想を書こうと思う。

まあ、今の部屋は狭いので、あまり実力を発揮できないかも知れませんがマイホームに引越したら実力を発揮してくれると思います。